資格と就職に関する情報、ノウハウを一挙公開

  1. 資格は就職に機能するか
  2. 資格取得のリアルなメリット
  3. 就職に効く!資格ランキング
  4. 選んではいけない学習法
  5. 資格学校vs通信講座
  6. 通信講座はこう選ぶ
  7. 合格できる環境で学習する
  8. 日々の学習時間を捻出する
  9. 復習が必要な絶対的理由
  10. やる気は自ら起こせる!


復習が必要な絶対的理由

あらゆる学習において、得た知識を定着するために必要不可欠なのは復習です。
とはいえ、同じ学習を繰り返す復習は、誰もが避けてとおりたくなるもの。しかし、ここで紹介する研究結果を知ることで、学習にとっていかに復習が重要であるかを理解することができるでしょう。

さる脳科学者によれば「脳は一旦記憶しても、約4時間後には半分程度しか覚えていない」とのことで、この記憶量と忘却していく時間の関連性を示したグラフを「忘却曲線」といい、その曲線に大きな個人差はないとのこと。

また、一旦記憶しても4時間後には忘れてしまう記憶を「短期記憶」といい、短期記憶を脳に定着させるためには、復習をくり返し「長期記憶」の格納場所である大脳皮質にすり込む必要があるのだとか。

解答スピードをも向上する復習法

つまり、一旦記憶したとしても、その大半は数時間で忘れ去られてしまう短期的な記憶でしかなく、試験本番までしっかり覚えておくためには、くり返し復習し長期的な記憶として脳に格納する必要があるということなのです。

確かに、テキストを延々と繰り返す復習はキツいものです。では、どうするか。復習で使用する教材を問題集にしてしまえば良いのです。問題集ならば、単なる記憶作業ではなく問題を解くというゲーム的側面もあり、テキストオンリーの復習よりも、楽しく続けることができるはずです。

また、問題集をくり返し行うことで、正解率が向上することはもちろん、解答スピードのアップにも効果があります。本試験は1問を1?2分で解答していかなければならないため、正確性に次いで求められるのが解答スピード。問題集での復習には、記憶の定着のみならず様々なメリットがあるのです。

★★★ 効果的な復習システムを提供する講座はコチラ ★★★