資格と就職に関する情報、ノウハウを一挙公開

  1. 資格は就職に機能するか
  2. 資格取得のリアルなメリット
  3. 就職に効く!資格ランキング
  4. 選んではいけない学習法
  5. 資格学校vs通信講座
  6. 通信講座はこう選ぶ
  7. 合格できる環境で学習する
  8. 日々の学習時間を捻出する
  9. 復習が必要な絶対的理由
  10. やる気は自ら起こせる!


日々の学習時間を捻出する

学習を継続する上でもっとも重要となるのが、日々の学習時間を捻出することにほかなりません。本業の勉強に就職活動、さらにはバイトなど学生さんとはいえ、なかなか忙しいことと思います。そこで、キッチリ毎日の学習時間を捻出するためのテクニックを紹介しようと思います。

学習時間の捻出方法

その一、学習時間を起床後にシフトする!

多分、多くの方が帰宅後に学習をしようと考えていると思います。しかし、帰宅後は食事や入植、そして、テレビなどの誘惑もあり、なかなか身に入らないもの。そこで提案したいのが、起床後の学習です。起床時間を1時間早めれば、その1時間をそのまま学習時間に充てることが可能です。また、起床後でクリアな頭なら、帰宅後よりも記憶力に集中力も高い状態で学習に望めます。

その二、点在するスキ間時間を活用する!

例えば、通学などで利用する電車やバスの車内。また、ランチタイムなど、そのひとつひとつは細切れの微々たる時間でも、そうした〝スキ間時間〟を集約すれば、1日1時間は捻出できるもの。また、学習期間が半年に及ぶなら、累計時間で約200時間にもなるのです。そのためにも、携帯性が優れたコンパクトなテキストや、携帯プレーヤーにダウンロード可能なCDやDVDなどの教材が用意された講座を選びたいものです。

その三、無駄な時間を仕分けする!

学習期間は常に時間との戦いとなります。貴重な時間をテレビやゲーム、そして漫画などに取られるわけにはいきません。特に追い込み期間となる、本試験1ヶ月前は、そうした無駄な時間を完全にカット。たとえ、デートであれ恋人に協力してもらい、試験が終わるまでは我慢して学習して欲しいものです。後で「あの時、デートを我慢してもうちっと頑張っていれば…」などと後悔しないためいにも、追い込み期間は最大限学習を優先させましょう!

>>就職に利く資格を最短で取得する方法