資格と就職に関する情報、ノウハウを一挙公開

  1. 資格は就職に機能するか
  2. 資格取得のリアルなメリット
  3. 就職に効く!資格ランキング
  4. 選んではいけない学習法
  5. 資格学校vs通信講座
  6. 通信講座はこう選ぶ
  7. 合格できる環境で学習する
  8. 日々の学習時間を捻出する
  9. 復習が必要な絶対的理由
  10. やる気は自ら起こせる!


資格学校VS通信講座

独学を選択肢から外した場合、残る学習法は資格学校への通学か通信講座の受講となります。では、費用に時間的拘束、そして教材やサポートなどの選択基準から双方を比較してみましょう。また、あくまで私見ですが、◎:5点、○:3点、△:1点として採点し、双方を得点化してみました。

資格学校と通信講座徹底比較

時間拘束 費用 教材 サポート モチベーションの維持 得点
資格学校 15点
通信講座 21点

経験豊富な講師による直接講義を受けられる資格学校は、疑問をその場で解消できるサポート体制、そして、他の受講生がライバル的な存在となるため、モチベーションを維持しやすい学習法といえます。しかし、いずれの講座も受講料は10万円以上と高額。しかも、教室までの往復交通費も検討した場合、学生にとっては現実的とはいえません。また、毎週決まった曜日・時間に講義を受講しなければならない時間的拘束も、本業である授業に加え、就活やバイトにも忙しい身にとっては縛りがキツすぎます。

一方、通信講座の費用は資格学校の半額~1/3程度と受講料も格安。また、独学同様の時間的拘束のない自由な学習スタイルに、挫折を危惧するかもしれませんが、今どきの通信講座のサポート力はあなどれません。受講生を挫折させず合格まで導いてくれる様々なノウハウが用意されているようです。

また、教材も講師による講義をメインとする資格学校に対し、教材のみで学習を進める通信講座は〝わかりやすさ〟へのこだわりが違います。多くの資格学校が、出題範囲をすべて網羅する旧来型のテキストを使用していますが、先進の通信講座では、近年の出題傾向がしっかりと反映され、最短距離で合格へと導くわかりやすくコンパクトな編集が成されているようです。

上記得点でもおわかりのとおり、お勧めの学習法は通信講座です。次ページでは、通信講座選びのポイントを紹介したいと思います。

>>就職に利く資格を最短で取得する方法