資格と就職に関する情報、ノウハウを一挙公開

  1. 資格は就職に機能するか
  2. 資格取得のリアルなメリット
  3. 就職に効く!資格ランキング
  4. 選んではいけない学習法
  5. 資格学校vs通信講座
  6. 通信講座はこう選ぶ
  7. 合格できる環境で学習する
  8. 日々の学習時間を捻出する
  9. 復習が必要な絶対的理由
  10. やる気は自ら起こせる!


資格は就職に機能するのか!?

世界不況の煽りを受け、大学生の就職率も低迷を極める今、就職活動を有利に進めるべく資格取得を検討する学生の方も多いのではないでしょうか。

確かに、資格を有していることでモチベーションの高さをアピールすることは可能でしょう。しかし、注意すべきはその資格に意味があるかどうか、ということ。まだ働きたい業界や企業が明確となっていない段階で資格取得を優先した場合、就職にはまったく機能しない資格を取得してしまう場合も。

そんな、無意味な資格取得の原因は、資格を取得することが目的となってしまっているため。資格は目的ではなく、将来やりたいことを実現するための手段です。まずやるべきは、働きたい業界や会社を明確にすること。就職したい業界や会社、すなわち目標が定まってこそ、それを実現する手段となる資格を選択し取得すべきなのです。

活きた資格は確実に就職に機能する!

その反面、就職したい業界や会社という目的が明確となり、その業界にニーズのある資格を取得した場合、資格は就職へ有利に機能することは間違いありません。例えば、不動産関連会社への就職を希望する学生の一方が何の資格を持たず、一方が宅建の有資格者であれば、その差は歴然です。

企業が求めるのは、いかにその会社に入りたいかという熱意を持った人材です。となれば、宅建資格が不動産業界入りの熱意を示す揺るぎのない証拠として評価されるのは自明の理といえるでしょう。

こうした資格を〝活きた資格〟といいます。このサイトでは、就職に有効に機能する活きた資格を取得するための情報、そしてノウハウを紹介しています。
今、まさに資格取得を検討している学生の皆さんには、就職氷河期だからと盲目的に資格を取得するのではなく、就職という目的を完遂するための手段として、資格を取得して欲しいと思います。

>>就職に利く資格を最短で取得する方法